そんなつもりはなくてもぼくらは日本人代表として海外にいると思っている

海外旅行へ行きましょう。誰でも日本代表になれます。日本代表なので変な行動ができません。しまっていきましょう。

日本人としてみられていますよ

ここカンボジアにいると「子どもの笑顔が印象的で!」とか「カンボジアの人って◯◯ですよね!」みたいな意見を良く聞きます。

「カンボジアの人は◯◯」

自分が見たカンボジア人でそのような判断を下すと言うことはその逆も然り。

「日本人って◯◯」

自分が海外でとった言動一つで、その人だけでなく日本人というくくりで見られる可能性があるということです。

「日本人ってこういう人たち」みたいなレッテルを貼られることに繋がることだってありえます。良くも悪くも。

日本人ってタダで居座る人って思われたくないから

カンボジアではいろんな観光名所に「相乗り」で出かけていくパターンがあって結構メジャーな方法です。

遠方になればなるほど交通費もかさむので1人でいくより10人で行けば交通費は単純に10分の1。そりゃ安くなればお得です。

自分が宿泊しているゲストハウスで人が集まりにくければ、他のゲストハウスで同じ様に出かけようとしている人たちにジョインして行く。旅をしたことがある人なら当たり前の様に知っている方法だと思います。

で、自分が宿泊していないゲストハウスに乗り込んで行くときに

  • 挨拶もなしにズカズカ入って行く
  • 何も頼まずに共有スペースに居座る
  • そこらへんに座り出す
  • 何も頼まないくせにWi-Fiパスワード知りたがる
  • 思い通りにならないと挨拶もなしに出て行く

みたいな人たちを見る度に同じ日本人ってくくりにされるのが嫌なので

みたいなことを気をつけています。以上です。

海外旅行が身近な時代だからこそ忘れないようにしていること

海外旅行でカメラを使用する際に注意していること5つ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。