戸建て賃貸と車の地味な二拠点生活ブログ「ポテンヒット」

関東出張&旅行二泊三日【茨城・東京・神奈川】

当サイトでは、アフィリエイトリンクを使用して商品の紹介を行なっております。

茨城へ仕事で行く用事があったので、それに合わせて東京近郊でいろいろ詰め合わせてきました。

関東出張1日目

パッキング。日本に帰ってきてから、なにやらワイシャツを持ち歩く機会が多くて、この出張の後、ワイシャツ専用の持ち運びケースを買いました。

新幹線でまずは東京へ向かいます。グリーン車って快適ですね。スマートEXの早割だとお得に乗れるので嬉しい。ちなみにスーツケースはクラッシュバゲージのやつです。数日の旅行に最適。

東京駅に到着しました。

常磐線に乗り換えます。思えば東京からこっち方面へ電車で行くの初めて。いろんな線の乗り場があって田舎者はちょっと焦る。

茨城県は土浦市にやってきました。

到着する頃には、すでに夕日がいい感じ。

土浦駅にはペヤングソース焼きそばのでかいやつを食べながら、駅の階段を一段飛ばしで登っていく若い子の群れがいて、勢いのある街だなと思いました。

ホテルは土浦駅東口の東横イン。先方が抑えてくれたホテルなので、こちらに選択権はありませんが、もちろん文句もありません。

ところで今回は、大学時代の友人が勤める学校の講演会に呼ばれて茨城まで来ました。「俺と遊ぶために前乗りしてよ」と言っていたくせに、部活ばかりやっているので夕方に合わせて到着したのに暇です。なのでホテルでてすぐに霞ヶ浦があるので、周辺をぐるっと散歩しました。

いつもなら夕飯を済ませている時間なのに、全然来ないので腹が減って仕方がありません。部屋に戻って自重トレーニングをして、サラダチキンで補食しました。

何時頃になるのか確認したところ19時過ぎになるとのことでしたが、19時20分にもうすぐ練習終わるから迎えにいくわと電話が来て、合流したのは19時50分。ちなみに彼が予約してくれていた居酒屋は20時からの予約になっていました。それは19時過ぎとは言わないぞ。

腹が減りすぎて爆食いしたのと、およそ10年ぶりくらいの再会で話が尽きなかったため、居酒屋での様子が一枚も写真に残っていません。居酒屋の後は、彼の教え子の親御さんがやっているお店に行き、夜遅くまで語らいました。

関東出張&旅行2日目

前日に歩いた霞ヶ浦沿いの散歩コースが気持ちよかったので、朝から散歩をします。最近思いますが、朝散歩するだけでその日がいい日になる率がグッと高まる気がする。脳がいい感じになるからだと思う。

著:レイティ,ジョン J., 著:ヘイガーマン,エリック, 原名:Ratey,John J., 原名:Hagerman,Eric, 翻訳:香方子, 野中
¥2,310 (2024/02/20 19:17時点 | Amazon調べ)

ホテルで朝食。いまだに両手にビニール手袋つけさせる習慣。感染対策とか言っているけど、使った手袋もその辺に捨てるなら大して意味ない気がする。しかもゴミの無駄。いつまで続くのこれ。

で、本番。今回は立志式という区切りの行事に呼んでいただき、大人になることを意識する中学生たちに「大人になるほど楽しくなるよ」って話をしてきました。

ぼくが話す前に行われた立志式の様子も見させてもらいましたが、早い段階で尊敬できる人や目標となる人(できれば親以外)に出会えるのマジ大事と思いました。これは個人の感想です。

久しぶりの友との時間もあっという間。呼んでくれてありがとう。ウチの母校との練習試合も組んでいるらしいので、見に行きたい!

お昼をご馳走になり、再び電車で揺られること1時間ちょい。サザエさんの街にやってきました。これまた大学時代の思い出が色濃く残る街。

この日の朝に大学時代の友人であり最近ご近所さんの将太たち家族が、ウチの奥さんを連れて東京へ出発。

将太におすすめされたAirbnbの宿に二家族で泊まります。

大きめのベッドルームの他に、モダンな和室と敷布団などもあり、外国人ウケも良さそう。ここで宴会をしてもいいのですが、今回は大学時代の思い出巡りをするというテーマがあります。

ということでまずは懐かしの通学路へ。国道246のジョリパを曲がった桜並木。あの頃は250ccのバイクで駆け抜けた道を車で走ると「大人になったな」と感じます。

お目当てはこちら。黙食で有名なかっぱへ。

昔からタッパーや鍋で「○食分持ち帰りたいです」と言うと、それに応じて詰めてくれます。今回は店内で食べる時間がないので、名古屋に戻ってからゆっくり食べられるように将太が鍋を持参してくれています

当初は10食ほど頼むつもりでしたが「これに10は入らないと思う…8くらい」と言われたので8食にしました。後先考えていないので、鍋しか持ってきていない我々。すり切り入った熱々の鍋を膝の上で抱えて悶えながら、車の揺れでこぼさないように前腕をプルプルさせて宿に向かいます。全然大人になれていねえ。

さて、今回の関東遠征の目的でもあるお店にやってきました。大学時代に死ぬほどお世話になった焼き鳥屋さん「とり喜」。

なんと30周年!お祝いしましょう。

ママさんも元気そうで嬉しい。

かつてはチームメイトで屯したこの場所に、家族でくるのはなんだか胸にクるものがありました。

近所に住むくーちゃんも呼び出しました。

大学時代、何気なくいただいていた焼き鳥。改めて食べると、おいちょっと待てこんなにうまかったか?って思うくらいうまかったです。身の大きさ、新鮮さ、焼き加減全てがすごい。

全然足繁く通えないので、お釣りはそのままそっと置いて行こうとしたら、ママさんが飛び出してきて「こんなの受け取れるか!!!」とお釣りを返され、なんなら焼酎のお土産までもらってしまいました。全然恩を返しきれない。

焼酎は後日我が家でおいしくいただきました。

Airbnbの定員にはまだゆとりがあったので、とり喜まで呼び寄せたくーちゃんも誘って宿で二次会。くーちゃんは「はい、結婚のお祝い」とかさらっと言ってシャンパンをくれました。優しい。

で、そんなくーちゃん。「カバン忘れた」とか急に言い出してとり喜まで取りに帰るし(その後また戻ってきた)、将太はこのシャンパンがなくなったからって近所のコンビニで追い酒買ってくるしで、なんだかもうそれは大学時代の遊び方でした。この仲間たちとは死ぬまでこんなことしていたい。

関東旅行3日目

翌朝。再び思い出の駅の方まで散歩しました。初めてこの駅まで来たのは18年前の18歳の時。もちろん変わったこともあれば、変わらないことがありますが、やはりここは何回来ても、来るだけであの頃の匂いがします。

散歩がてら朝ごはんが食べられそうなお店を探しましたが見つけられず、宿の近くのスーパーでお弁当を買って朝ごはんにしました。上の写真は奥さんと半分ずつ食べたお弁当。くーちゃんは朝からぶりの刺身とクロワッサンという謎の組み合わせ。

食後は解散して、奥さんと二人表参道へ。宿のあった用賀駅からは一本で行けます。

目的は結婚指輪作り。CRAFYというお店の工房で、自分たち好みの指輪が製作できます。

いろんな形や色のサンプルを試しながら、イメージをスタッフさんに伝えながら製作していきます。

自分たちの手で削ったり、磨いたり。

この日の行程は、自分たちで型を作るところまで。あとは職人さんたちが鋳造して仕上げてくれたものが、後日家に届きます。届きました。

指輪作りを午前中でお願いしていたので、製作後はランチをしに原宿へ。この日は「お好み焼きを食べよう」と意見が一致したので、Googleマップで調べて評判の良さそうなお店へ。

お好み焼き。山芋が使われていて、ふわふわで軽く食べられます。

焼きそば。どちらも調理済みで運んできてくれるので、目の前の鉄板で保温しながらおいしくいただけます。

食後は原宿から渋谷まで歩きながらショッピングです。

この日の成果物は

  • ONでウォータープルーフのランニングシューズを買う(自分用)
  • パタゴニアでダウンベストを買う(奥さん用)
  • メレルでジャングルモックのシューズを買う(奥さん用)
  • メーカーズシャツ鎌倉でダブルカフスのワイシャツを買う(自分用)

と言った感じの散財。どれも気にいるものばかりで嬉しい。

その後、神泉付近のお皿屋さんへ行きましたが、求めている感じのものには巡り会えずこの辺で疲れも出てきたこともあり帰宅準備。

帰りは品川から。事前に駅弁を買って乗り込みます。

ヘルシー弁当。

名古屋までのんびり帰ります。

そんな感じで大学時代の友人と仕事あり、当時の思い出の地で遊んだりと思い出いっぱいのいい旅でした。

過去の旅行記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です