無料で海外ボランティアしたいならインドのマザーテレサの家がおすすめ

「海外でボランティア活動をしたいけど参加費用が高くて長期での活動が難しいです。無料で参加できるおすすめはありませんか?」という質問をいただきましたので答えます。ぼくが暮らしているカンボジアでは思いつかなかったので、ぼくが2013年に実際に体験したインドでの活動です。

無料で海外ボランティアしたい場合のおすすめの場所と理由

無料で海外ボランティアしたい場合のおすすめの場所と理由

タイトル通りですが、無料で海外ボランティアしたいならインドのマザーテレサの家でお願いするのがおすすめ。ぼくは実際に三週間ほどここにお世話になりましたが、いろいろ学ぶことがありました。そして今、カンボジアで暮らしていることも小学校を建てたこともここでの経験があったからです。

時間を無駄にはできないと知る

ぼくは「死を待つ人の家」という施設で活動をしていましたが、ここでは本当に日々人が亡くなっていきます。人はいつか死ぬなんて当たり前のことを、ぼくはわかっているようでわかっていなかった。ここで亡くなっていく人を見て、人生を無駄にしないと決め、自分がやりたいことをやるために生きようと思いました。

世界中の人と繋がりその人の価値に触れられる

マザーテレサの家には世界中から多くの人がボランティア活動をするために集まります。ぼくがいた時は日本人はぼくだけ。他は韓国、台湾、香港、シンガポール、アメリカ、スウェーデン、イタリアからきている人たちでした。もちろんこれ以外の国の人たちもいると思いますが、ぼくが個人的にコミュニケーション取った人たちがここら辺の国の人たち。英語のいい勉強になるし、自分の意見を簡潔にまとめて述べる訓練にもなります。

人生に正解などないと知る

ここで活動していると悩んだり落ち込んだりします。良かれと思ってやったことが裏目に出たり、自分の意図が全然組んでもらえないからです。そんな中でいろんな国々から集まった人たちの持つ考えや意見に触れると「人生において正解などない」と言うことを学びます。意見が異なる人、反対する人もいるかもしれないけど自分はどう思い何をするのかが非常に大事だということがわかります。

マザーテレサの家での海外ボランティアするメリット

マザーテレサの家での海外ボランティアするメリット

メリットをざっとまとめます。

無料

参加費がかからないので無料で活動に参加できます。ただし、無料なのは参加費だけなので

  • 航空券
  • ビザ
  • 保険
  • ホテル
  • 交通費
  • 食費

などは当たり前ですが自己負担。

幅広い活動場所

一言にマザーテレサの家と言ってもいろんな家があります。孤児など子どもたちが暮らす場所、障害を抱えた人たちが集まる場所、女性だけの場所、身寄りがない人が集まる場所など活動場所をあれこれ選べるので自分が活躍できそうな場所を選ぶといいと思います。オリエンテーションの時に面接があるので希望を伝えます。

ほったらかし

ボランティア活動参加初日からほったらかされます。活動場所の説明を受けたり仕事内容をていねいに教えてくれる人は誰もいません。いい意味で言えばベテランも新人も全員対等。自分の頭で考えて行動することができるので、活動場所で変にチヤホヤされてやった気になる場所よりよっぽど自分が高まります。ちなみに休みたいなって時も誰に連絡することもなく勝手に休んでOK。誰にも管理されないので自由です。

日本人のシスターの話が聞ける

運がいいと日本人シスターからマザーテレサのお話が聞けます。ネタバレしないために詳しく書きませんが、砂糖の話でぼくは途中から勝手に涙が出ました。マザーテレサが昔から好きで本をあれこれ読んでいたのに知らないことが多く感嘆の連続。

ぼくが行った時と、この記事執筆時で7年くらい期間があいているのでシスターさんがいるかいないかだけでなく、変わっていることもあるかもしれません。ご容赦ください。

マザーテレサの家で海外ボランティアするデメリット

マザーテレサの家での海外ボランティアするメリット

メリットの対としてデメリットと書きましたが、どちらかというと注意点。

感染症にかかる可能性

ないとは言えない感染症問題。咳き込んでいる人の横で食事を補助したり、体を洗っている時に普通に漏らされたり、排泄物のついた衣類を手洗いしたりするので目とか粘膜とか傷口とかから菌が入る可能性はゼロじゃないです。エプロン、マスク、ゴム手袋などを持っていくといいと思います。

クレジットカード付帯の海外旅行保険を発動させるために空港までの公共交通機関はカード決済する

海外旅行保険が利用付帯のクレジットカードがあったおかげで90日以上の海外生活で何かあっても平気だった

語学力必須

オリエンテーションで注意事項を聞いたり、面接があるので簡単な英語は使えた方がいいと思います。ぼくは全然喋れない頃に突撃したので、英語が話せないとボランティアさせてもらないってことはないと思います。ボランティアはできますが、誰とも会話が続かない、聞きたいことが聞けない、言いたいことが伝わらないことがこんなにも悲しいものかと普通に泣きました。インドでは泣いてばかり。

アル中でも上達した!海外で暮らすために実践している英語の勉強方法

写真撮れない

活動中は必要ないのでスマホやカメラは触れません。興味持ってくれた人とかに実際の様子を見せられないのは残念ですがルールなので仕方ない。やってます感をSNSにあげたい人には耐えられない状況だと思います。

おすすめの無料で海外ボランティアのまとめ

ということで、参加費をかけずに無料で海外ボランティアをしたい場合はインドのマザーテレサの家を訪れてみるといいと思います。行ってどうなるか?自分に何ができるか?とか考えず、仕事辞めた日にインドへの航空券をポチっていました。日本での事前申し込みとかもないのでチケット買っていくだけです。

実際行ってみて簡単に打ちのめされましたが、本当行ってよかった。鍛えられた。「貧しい人達の目はキラキラしていた」なんてとても言えないリアルなボランティア活動があなたを待っています。とりあえずメメントモリは絶対読んでおこう。

インド行ったら人生変わった

インドに行ったら人生変わった話