ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

北川勇介をフォローする

BLOG

初めての方に読んでいただきたいおすすめ記事15選from yusukekitagawa.com

投稿日:2017年10月8日 更新日:

日本と海外行ったり来たり生活、北川勇介(@yusukeworld_)です。

 

もともと方向性も定めず雑記のように書いてきたこのブログですが、「何をやっているかわからない人」とよく言われるので、せめて「どんなこと考えてんのか」ってことが、もっとわかるようにまとめておこうと思います。

 

初めての方に読んでいただきたいオススメ記事と題して、これまでで反響の大きかった記事をまとめています。

 

これを読んでいただくと「このブログからどんな情報を得られるのか?」「北川勇介ってどんなやつなの?」ってことが、スムーズにわかるようになっています。

 

興味を持っていただけたらInstagramTwitternoteなど各SNSもフォローしてみてください。





1 自分ごと

日本体育大学大学卒業後は、地元静岡県で高校の体育の先生をしていました。

 

ところが、突然の退職宣言。

[blogcard url=”https://yusukekitagawa.com/story-3years-ago//”]

ぼくはある日、無職になりました。

 

からの単身カンボジアで、小学校がない村に小学校を建設する宣言。

[blogcard url=”https://yusukekitagawa.com/miraistory/”]

 

カンボジアに小学校を建設したら、こんなことが待っていました。

[blogcard url=”https://yusukekitagawa.com/built-a-school/”]

 

2 カンボジアで感じたこと、味わったこと

もちろん、いいことばかりでもなくて。

 

ボランティアってものの考え方に悩んだことも。

[blogcard url=”https://yusukekitagawa.com/cambodia-volunteer/”]

 

「クラウドファンディングで人からお金もらったくせに贅沢してんじゃねーよ」って言われたことも。

[blogcard url=”https://yusukekitagawa.com/zeitaku/”]

 

目の前で子どもが売られていくのを、ただ見ているしかなかったことも。

[blogcard url=”https://yusukekitagawa.com/cambodia-wedding/”]

 

いろんなものを見て、国際支援ってことを今はこんなふうに考えています。

[blogcard url=”https://yusukekitagawa.com/hitorigoto/”] [blogcard url=”https://yusukekitagawa.com/need-or-not/”]

 

3 大切を大切にするために

「守りたいものを守れないのはもう嫌だ」ってことで正式に個人事業主になりました。

[blogcard url=”https://yusukekitagawa.com/dokuritsu/”]

ぼくはもう逃げない。

 

カンボジアの子ども達とブランドも立ち上げました。

[blogcard url=”https://yusukekitagawa.com/miraifromcambodia/”]

 

仲間達とカフェも始めました。

[blogcard url=”https://yusukekitagawa.com/felice-coffee-sr/”]

 

カンボジアで、活動場所やきっかけを探している法人や団体のマッチングも行なっています。

[blogcard url=”https://yusukekitagawa.com/borderless-cambodia/”]

 

人を雇うという初めての経験から感じたこともたくさんありました。

 

[blogcard url=”https://yusukekitagawa.com/staff-yatoukoto/”]

 

4 生き方・働き方に関して

幼い頃から野球ばかりしてきたぼくの生き方の根っこはやっぱりアスリートでした。

[blogcard url=”https://yusukekitagawa.com/taiikukaikei/”]

 

人生は「できるかできないか」ではなくて、「やるしかない」のだと言うこともスポーツから学んだ気がします。

[blogcard url=”https://yusukekitagawa.com/knowhow-try/”]

やらないって選択肢は、ぼくにはない。

 

ブログを通じて

ブログというものを書き続けてきたことで、よかったな〜ってことしか思いつきません。

 

自分の頭の中がスッキリする

自分が今何を考えていて、何をしようと思っているのか?

 

意外とわかっていそうでわかっていないことがたくさんあります。

 

自分のことを表現しようと、ブログとして文字に書き起こして人に公開することで、知らない間に共感を生んだり、誰かの不安を解決することもできるのだという実感も得ることができました。

 

自分がやっていることへの追求が厳しくなった

もともと自分に甘っちょろい人間。

 

ブログで自己表現をするにあたっては「言ってることとやってることちげ〜!」って言われることが一番ダサいと思っているので、適当なことは書けないし、逆に書いたことは絶対に手が抜けない。

 

中途半端は嫌いだけど、もっともっと嫌になりました。

 

今、ここ、戦力であれるのは、ある意味ブログのおかげ。

 

いろんな資源が集まってくる

資源というと曖昧な表現ですが、具体的にはヒト。

 

オンライン、オフラインを通じていろんなヒトとのつながりが生まれ、結果として「ヒト」がもたらしてくれる「情報」や「仕事」が増えました。

 

もちろん「ヒト」から「ヒト」が繋がることも。

 

これが一番のブログの醍醐味じゃないかなって思っていたりもします。

 

ブログを書いても、すぐに目に見える成果は生まれません。

 

ですが、続けてきたことが見えるものだからこそ、過去の自分の思慮や行動が今の自分を助けてくれることもあります。いろんな意味で。

 

まとめ

あんなになりたかった体育教師の道を手放した頃、こんな生活が待っているなんて思いもしませんでした。

 

あの日から、いろんなことに挑戦をしてきましたが、未だに仕事として続いているのは、物の見事に「ブログ」だけです。

 

それだけこの「ブログ」という存在は、ぼくの可能性を広げてくれたものだし、これからも自己表現というものを通じて「働くってこんなにもエキサイティングで素晴らしいこと!」ってことを伝え続けたいと思います。

 

楽しく生きる大人の一人として。

 

今後も引き続き「yusukekitagawa.com」をよろしくお願いします。

 

北川勇介でした。

Facebookでも
情報公開中。







RECOMMEND



カンボジアへお越しの際はぜひ!

普段は、世界遺産アンコールワットのある街カンボジアのシェムリアップで「たまり場」をつくっています。
こだわりのカレーとコーヒーを用意して、ブログ書いて生活しています。
シェムリアップへお越しの際は、ぜひ遊びに来てください。

-BLOG

Copyright© ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ , 2018 AllRights Reserved.