カンボジア在住リモートワーカーの日常VLOG

在宅ワーク9年目のデスク周りと作業環境

こんにちは北川勇介です。楽しいカンボジア生活を動画にしたり写真にしたり文章にしたりしながら生きています。

おかげさまでこのような暮らしももうすぐ9年目を迎えます。いろいろやっているように見える一面もあるかもしれませんが、基本的にぼくの仕事は「自宅でパソコン作業」です。引きこもり楽しい。

ということでこの記事では、あれこれ試行錯誤しながらもなんとかやってこれたぼくなりのデスク周りをまとめておきます。他人のデスク周りとか見るの好きなので、ぼくの作業環境も在宅ワークに不慣れな人や自宅だと集中しにくい人などのなんらかの参考になれば幸い。

在宅ワークのデスク周り

在宅ワークのデスク周り

今住んでいるアパートには入居時からこのような台が設置されておりました。ここがぼくの作業スペースです。ここ一年くらいでぼくが世に出しているコンテンツはここから生まれております。

机のサイズは幅140cm、高さが80cmほど。必要なものが置けて心地がいい。広すぎず高すぎずいい空間なので、新しい家に引っ越したりして机を買い直す時にもこのサイズ感を参考にしようと思っています。日本で暮らすようになったらこれ買うと思う。

椅子はよくある感じのオフィスチェア。事務用品などのグッズを取り扱っているお店で購入したもので特にこだわりはありません。いつかアーロンチェアが使えたらいいですね。

窓際ってのも非常にポイント高くて、日中ずっと明るいので夕方日が沈む頃まで部屋の電気はつけません。なので当然デスクライトとかも不要。

ロールスクリーンのカーテン

この窓にはロールスクリーンのカーテンが設置されており、写真や動画などを扱うときはカーテンを下ろすことで外の光を押さえて映像をはっきり確認できるようになります。

在宅ワークのデスク周りの物たち

在宅ワークのデスク周りの物

デスク周りで作業に使っている物たちです。

メインPC:MacBook Pro 15インチ

自宅での作業のほとんどはMacBook Proの15インチ。昨年途中に急遽必要になって買い足した中古品ですが問題なく仕事してくれています。

これまで13インチのパソコンを使ってきましたが、映像を扱うことが増えたので液晶画面とメモリの大きなパソコンは最高ですね。1日の中で最も触れている時間が長いものなので惜しまず投資すべきポイント。もう一年くらい使ったら次は16インチの32GBのものを買おうと思います。

中古で買ったMacBook Pro

マウス:Magic Mouse 2

画像の切り抜きなどの細かい作業の時に効果を遺憾なく発揮してくれるマウス。Apple純正のMagic Mouse 2のスペースグレイを使用しています。使い始めてから2ヶ月くらい経ちましたがまだ初回に蓄電されていたバッテリーがなくならない。ワイヤレスで長時間使えていいです。

Magic Mouse 2買った

外付けHDD

全てのデータが蓄積された外付けのHDD。出張や旅や帰国の際にも持ち出すのでTranscendの耐衝撃のものを使っています。容量は4TB。

Transcendの耐衝撃ポータブルHDD

サブPC:MacBook Air13インチ

MacBook Proの15インチがやってきたことでサブとなったMacBook Airの13インチ。

初期化して超軽量化した後に、外出時の執筆専用マシンに変化しました。サクサク動いてくれるのマジで快適。たまにベッドで寝落ちするまでタイピングする時とかも寝室に連れ込んでいます。

Jet Drive Lite

MacBook AirのSDカード挿入口に差し込んでおくことで、パソコン本体のストレージに負担をかけずに大容量のデータを取り扱える記録用メディア。256GBと大容量で自分にとって必要最低限のデータが入っているのでカフェとかで作業中に「外付けHDD持ってくればよかった…」ってことがないようにしておく作戦。

TrancsendのJet Drive Liteの箱

メイン撮影機材:Nikon D750

撮影機材はNikonのフルサイズ一眼レフカメラD750。もう5年くらい使っています。途中飽きたりしたけどなんだかんだカメラでちゃんと撮った写真は最高。

ニコンのフルサイズ一眼レフカメラD750

レンズ:広角単焦点24mm

で、飽きた原因は画角が気に入らなかったからでした。レンズを上記のものに変えたことで広角撮影ができるようになっただけでなく、撮影対象物にかなり接近して撮影できることで再び自分が撮りたい写真がなんなのかわかってきた気がして楽しいカメラライフ。

Nikon24mm単焦点のまとめ

動画撮影機材:GoPro HERO7 BLACK

動画の撮影機材はGoPro HERO7 BLACK。とりあえずカメラ回しておけばなんらかいい動画素材が取れて楽しい。

GoPro関連で使っている純正アクセサリは以下でまとめてあります。

GoProと一緒に買ってよかったおすすめ純正アクセサリー

三脚 マンフロット befree

カメラ用の三脚はManfrotto(マンフロット)のものを使っています。軽量なので持ち運びにも便利でロケなどにも最適。

ミニ三脚 マンフロット PIXI

三脚持っていくほどじゃないけど手持ちだとちょっと心許ない時にピッタリなミニ三脚。卓上で動画撮影する時にも便利。

ManfrottoのPIXIのサイズ感

こういうのを買ってGoProも設置できるようにしました。

こういうのを買ってスマホも設置できるようになりたい今日この頃。

AirPods Pro

耳の穴に放り込んでおくだけで周囲の音を除去してくれたり、かかってきた電話にワンタッチで応答できたり、そのまま手放しで通話ができたり何かと便利。

複数人で在宅ワークしている場合は、家族の生活音でストレスを感じないために持っておくのもおすすめ。

文房具

  • その日のタスク
  • 一週間以内のやりたいこと
  • 思いつき

などをメモするために、シャープペンとボールペンがデスク脇で常に待機しています。

ジェットストリームの4色ボールペン
ぺんてるKERRYの万年CIL

書類スタンド

デスク右奥に葉書サイズの書類立てを置いてあります。領収書とかちょっとだけ残しておきたいメモとかを置いておくのに便利。

余談的ですが机の上の書類は結構自分の心理状況とかを現している気がして、机の上に紙が散らかってきた時は結構自分の頭の中とか心の中も散らかっている。デスクも自分も常に整っている状態でいたいものです。

Canonのモバイルプリンターip100

写真には写っていませんがモバイルプリンターもあります。場所を問わず印刷できる優れもの。

Canon ip100

まとめ

ということで比較的ミニマルな作業環境ですが、特に困ることなく楽しくやれています。個人的によかった点としましては、デスクが広すぎないことであれもこれも置かなくなったということかもしれません。余分な物がないので集中しやすい。

あと在宅ワークなので、好きな飲み物を飲める状態を常に整えておくってのも結構いいです。そしてそれに伴うキッチン雑貨とかも自分が好きな物だと尚いいですね。ステンレスタンブラーだと機材や書類を濡らさなくておすすめ。

仕事道具同様に使っていて心地の良いものを家の中に溢れさせたい。暮らしが楽しくなると家での仕事も頑張るかって思えるので気が向いた時に取り入れてみてください。

朝日

ABOUT US

Yusuke Kitagawa
カンボジアの農村部に建設した小学校を遠くからサポートしながら、楽しいカンボジア生活を文章、動画、写真にして暮らしています。