ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ

海外生活のこと、働くこと、カラダのこと、旅のこと、好きなこと全部

北川勇介をフォローする

みらいスクール カンボジア

「カンボジアの子ども達の笑顔が見たい」とか「子ども達の選択肢を増やしたい」とかもういいよ

更新日:

ここカンボジアで、自分たちで建設をした「みらいスクール」に通う子ども達を守るために、ぼくはいろんな仕事を作ってきました。

 

誤解があってはいけないので、あえて書いておきますが、ぼくらは「カンボジアの子ども達の笑顔のため」にやっていません。

だって、「カンボジアの子ども達を笑顔にすること」がぼくらの目標だったら、カンボジアの子ども達には「笑顔ではない理由」がないといけないから。

そんなのおかしい。

 

「子ども達に将来の選択肢を与えたい」ってのも同じくおかしな話で、これだけ選択肢の山の中で生きてきたぼくらは、果たして本当に豊かでしょうか?

それなのにカンボジアの子ども達に選択肢を与えたら、それが彼らのためになるのでしょうか?

今日はそんなことを書きました。

 





カンボジアのイメージ(地雷・貧困・内戦などなど)

カンボジアのイメージってどんな感じですか?

 

カンボジアにはもう支援がいらない説

地雷はもうないんじゃないか説

ボランティアビジネスや貧困ビジネスによるカンボジアを喰いものにしている現状

いろんなことが言われているし、ネガティブな情報が多いのも確かです。

 

ぼくも一面的ではなくいろんな考えと現状を見た上でいろんな意見を持っているし、ぼくとは違う考え方の人が言っていることもわかります。

 

ですが、全てを一括りしにしてしまっては、目の前で起きているリアルを否定することにもなるし、そうなると学校に通えるか通えないかとか、今日食べるものがあるかないかとか。

もっと言えば生きるか死ぬかという現実と向き合っている人々の存在がよくわからないものになってしまうので、結局のところ現実を見極める広い視野と考え方が必要だとしか言えません。

 

だから目の前で起こっていることを知ってしまった以上、ほんの少しでも目の前のヒト・コト・モノ・バショを明るく豊かにすることができたらいいなって思って日々行動しています。

 

カンボジアで何かしようと思って来たわけじゃない

小学校が建設し終わって子ども達が通い始めている今、よく言われるのは

「もともとカンボジアに小学校を建てたかったんですか?」

ということ。

 

そんなつもりでカンボジアへ来たわけではなかったし、まさかぼくの人生の中でここまでカンボジアって国が大きくなるとは思ってもいなかったです。

 

「海外で何かしたい→カンボジアがよさげ→ここで事業を起こそう→そのためにはストーリーが必要だ→カンボジアの人たちは貧困層や低所得者が多いらしい→よし、彼らと何かしよう!」

 

って考え方と

 

「カンボジアへ来て何やら仲良くなったり縁がある人たちが増えた→その人達のことを知れば知るほどどうしようもない現実を抱えていることがわかった→知ってしまったから見過ごせない→一緒にその壁を越えよう!」

って考え方。

 

やっていることが同じだとしても動機が違うだけで結果も全然違う。

 

どっちが良いとか悪いとかじゃなく、物事の捉え方・考え方の話。

 

ぼくは何かをしに来たわけでもなかったけど、今は縁があった村やコミュニティや施設の人たちのことを考える時間が増えました。

 

そして、行動の動機が彼らであることも増えた。

 

一瞬の付き合い?一生の関わり?

活動を通じてぼくらは本当に多くの人と出会って来た。

今でも深い繋がりの人もいれば、連絡を取らなくなってしまった人もいる。

 

だけど、それはそれで仕方のないこと。

 

一瞬来て、同じものを見て、何をどう感じるか、どう言葉にするかは自由。

そして、ぼくらに足りてないらしきものや状況を見て、「こうしたら?ああしたら?」という声もいただく。

 

一瞬の関わりだったら、お金をあげてものをあげて、食事をふるまって、それで済ますことができるかもしれない。

 

でも。

 

ぼくらは関わりが一生だから、一度やれたことが次はできないって、これ以上に残酷なことはない。

 

だったら最初から何もしない方がいい。

今年は何でも買ってあげるけど、来年は何もない。って言うのなら、最初から何もしなくてよかったんだ。

 

カンボジアの子ども達がかわいそうっていう考え方が貧しい

貧しさって、所得とか職業とか学歴とか財産とかそんなことでは測れないし、そもそも誰かに測られるものでもない。

 

いろんな課題はあっても貧しくはないし、自分の運命に抗って生きようとする人たちに、自分のスキルや知識が役立つならとことん向き合おうと思う。

 

笑顔はお金じゃ買えない。

 

この子達を、この村を、このコミュニティを、ぼくが関わったがためにおかしくしたなんて言わせない。

今あるものを最大限に高めていく。

 

簡単にへこんで立ち止まりそうになるぼくを、何度も奮い立たせてくれるヒトやバショ。

 

そんなエネルギーに溢れた国で、ぼくは今日も生きています。

ぼくが大好きな国へ遊びに来ませんか?

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。 ぼくの書いた記事やぼく自身に興味を持っていただけましたら、ぜひ一度ぼくが大好きな国カンボジアへ遊びに来ませんか? 前もってご連絡いただけましたら、あなたのカンボジア滞在が快適なものになるようにお手伝いいたします。

RECOMMEND



-みらいスクール, カンボジア

Copyright© ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ , 2018 AllRights Reserved.