元高校教師がカンボジアに小学校建ててライターとカフェやってます

バックパッカーの荷物の減らし方のコツを伝授する

  • バックパッカーの荷物ってどのくらいなんだろう?
  • ついついいろいろ持ちたくなって重たくなってしまう
  • 旅に慣れている人はどうやって持ち物を厳選しているんだろう?

このような悩みや疑問にお答えします。

 

こんにちは、北川勇介です。

ぼくはここ数年、リュック二個で海外生活をしています。

 

今回は、荷物の減らし方のコツを話しながら、荷物を少なくするメリットなどについてです。

 

この記事の内容

  • バックパッカーが荷物を減らすためには
  • 荷物を減らし方の最大のコツ
  • バックパッカーの荷物の選び方

 

これから旅の準備をするぜって人は、2分くらいでチャチャっと読んでみてください。

 

バックパッカーが荷物を減らすためには

まず旅に必要な持ち物選びですが、もしかしたら

ゆーすけ

何が必要になるかな〜

とか

ゆーすけ

どんなものがおすすめなのかな〜

とか考えちゃっていませんか?

 

荷物の減らし方の最大のコツは、何を持つか?という足し算みたいな考え方ではありません。

何がいらないか?という引き算みたいな思考を持つことが大切です。

 

足し算で持ち物を考えると、ありとあらゆるケースを想定して「あったら便利そうなもの」までカバンに詰め込みやすくなってしまいます。

 

「あったらいいな」はぼくの経験上、出番はほぼないです。

最終的に「持ってこなければよかった」に変わるのでいいことないです。

 

結果として、

  • カバンが重たい
  • 移動がだるい
  • 疲れる
  • どこに何があるかわからない

といった事態を引き起こします。

 

まずは「減らせるものはないか?」という考え方でカバンに詰め込むものを見渡してみてください。

 

バックパッカーの荷物の減らし方のコツ

減らし方のコツは主に以下の3つです。

  1. 大きなカバンを持たない
  2. 現地調達
  3. デジタル化

 

先ほど「何が必要か?」ではなく、「何が不要か?」を考えるという話をしました。

それを踏まえて、具体的なコツを見ていきましょう。

 

1. 大きなカバンを持たない

[st-kaiwa1]とにかく大きなカバンを買って、その中に入りきる荷物で旅をしよう[/st-kaiwa1]

これ、実は半分正解で半分間違いです。

 

当たり前ですが、大きなカバンを買うとたくさん荷物が持てます。

30Lのバックパックと60Lのバックパックでは、単純に容量が2倍になりますよね。

 

見た目は「収納力があって素敵!」

でも実際背負ったら「ひっくり返るわ!!」

ってほどの見た目と中身の負のギャップがあるので、おすすめしません。

 

ぼくは以前、75Lのバックパックをメインで使っていましたが、小回り効かないし、危ないことたくさんあります。

 

大は小を兼ねるということわざもありますが、バックパッカーのバックパッカー選びには不適です。

ただ、カバンに入りきる荷物に限定する、という考え方は間違っていないので、むやみに大きなリュックを買うのはやめましょう。

 

容量の目安としては、多くても男性でも60L以下、女性なら50L以下くらい。

 

 

2. 現地調達

どうしても日本でしか買えないものを使いたい!なら話は変わってきますが、「必要なものが出たら現地で」と考えると荷物が減らせます。

基本的に生きて行く上で必要なものは現地で買えますので。

 

代表的なものは、衣類や日用品など。

衣類は行く国の気候に合わせて限定してしまう、シャンプーなどの液体物はコンパクトタイプを選ぶ。

 

必要になってから探しても全然遅くないです。

 

 

3. デジタル化

紙類は要注意です。

紙一枚は大したことない重さだからといって、甘く見ていると完全に「ちりつも」です。

 

各種チケットや地図、ガイドブックなどもアプリ内で管理したり、スマホでカメラスキャンして保存しておけばOKです。

 

バックパッカーの荷物の選び方

ここまでは「いかに減らすか?」に着目してきました。

ここからは、それでも必要なものを買ったりする際の大切な考え方「物の選び方」です。

 

1. 多機能なものを選ぶ

一つの商品で複数の機能を持ち合わせたアイテムを選べば、それだけ荷物を減らせますね。

イメージしやすいものとしては、十徳ナイフなどの万能ツールとか使用シーンを選ばない3wayバッグとかが代表的。

 

街履きもできるハイブリッドタイプの海水パンツを持てば、プールやビーチも楽しめるし、街でもオシャレできます。

以前出会ったとある女性バックパッカーは、海が好きすぎて下着は全部自分が好きな水着にしたって人もいました。

 

2. 軽いものを選ぶ

単純な話ですが、本体そのものが軽いものを選べばカバンの総重量も軽くなります。

 

パッカブルタイプのダウンならコンパクトに収納できて軽い。

鍵につけられるペンライトなら持ち歩きも苦にならずいつでも使えます。

 

ぼくは自宅の鍵にABITAXのライトを取り付けているのですが、暗いところでもサッと照らせて、すごい明るいので本当買ってよかったです。

しかも本体13g。

 

関連:海外旅行の際に役立つ服装や持ち物の選び方7選

 

まとめ

ということで、荷物を減らすための考え方、減らし方のコツ、物の選び方についてまとめました。

 

大切なのは、

何が必要かではなく、いらないものは何か?

です。

 

少し余談的ですが、荷物が軽くなればLCCを上手に活用してフライト代の節約もできるし、預入荷物がなくなればロストバゲージも防げます。

関連:海外旅行でロストバゲージを防ぐたった一つの方法

 

荷物を減らすと本当ストレスもなくなるしメリットだらけです。

ですが、荷物を減らす・軽くすることが目的ではないです。

 

一番は自分の旅を最大限に楽しむこと。

身軽になること自体は、旅を楽しむための要素の一つだということも忘れずに。

 

そんな感じで。

 

▼最後まで読んでくれてありがとうございます。バックパッカーに関する記事はこんなのもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。