カンボジア在住リモートワーカーの日常VLOG

在宅ワークにおすすめの健康器具

世の中には、会社に出社しなくても成り立つ業務がたくさんあるということが確認できたであろうこの1年間。大した内容もないのに、やるって決まっているからやる電話会議、せーのでやめにしない?本当意味ない。

ところで在宅ワーク楽しんでいますか?満員電車に押し込まれたり、交通渋滞に巻き込まれたり、上司の目を気にすることなく働ける在宅ワーカーになれたのに「家から出なくなったおかげで運動不足になり不健康でした」では洒落にならないくらい人生損する。

そこでおすすめの健康器具をまとめました。家から一歩も出ない日があったって、外出規制でジムに行けなくたって、自宅でもしっかり体を動かせば簡単に体は絞れます。年間で10kg落としたぼくが言うんだから間違いない。

体重の変化

在宅ワークにおすすめの健康器具まとめ

在宅ワークにおすすめの健康器具

ということで実際に使っているおすすめ商品をまとめて紹介します。タイトルは「在宅ワーク」となっていますが、日々出勤している人にももちろんおすすめです。体は資本。

ヨガマット

厚手で大判なヨガマット

「少しでも自宅で体を動かすぞ」と思うのなら、まず最初に買うべきアイテムです。

床だと硬すぎて体が痛い。ベッドだと柔らかすぎて体が沈む。あとトレーニングの汗が染み込んだ布団で夜寝たくない。体を動かすならそのためのマットは必須。広げて寝転がるだけで、なんらかした気持ちになれるのもおすすめ。

広げたヨガマット

アブローラー

アブローラー

筋トレアイテム。

  • あれこれ器具は買いたくないけど
  • ある程度短期間でも運動効果を実感できて
  • 自宅でできる安価なトレーニング器具

を一個だけ紹介してと言われたら迷わず紹介するのがアブローラー。これは効く。11回×3セットを毎日、月間1000回やったら腹が引き締まった。

アブローラー

フットローラー

SIXPADのフットローラー

足裏のセルフケアアイテム。

座りっぱなしで作業していると、下半身の血流が悪くなるので、老廃物が溜まりやすかったり、足が浮腫んだり、冷えやすくなったりします。体を健康にしたければ何はともあれまずは足裏ですよ。今もこの記事を書きながら机の下で足裏をゴリゴリほぐしています。

マッサージボール

トリガーポイントのマッサージボールのサイズ

こちらもセルフケアアイテム。

ほぐしたい部位と床の間にこのボールを挟んで寝転がるだけ。使い方が簡単すぎるのに効果は抜群だ!個人的にはお尻と腸腰筋をほぐすのに使うのが気に入っていて、最初使った時は激痛を伴いました。そのくらい現代人はお尻や太ももが凝っています。

トリガーポイントのマッサージボール

フォームローラー

ヨガマットとフォームローラー

先ほど紹介したマッサージボール同様に、ほぐしたい部位と床の間で転がして使うアイテム。

ピンポイントで効き目が実感できるマッサージボールに対して、全身をじっくりほぐしたいのであればフォームローラーがおすすめです。使い方わからない場合にもとりあえず乗っかりながらスマホで使い方確認できて便利。

背筋に当てて仰向けに寝転がるだけで胸が開いて呼吸が深くなり最高。デスクワークや長時間のスマホで猫背や前屈みになっている姿勢をリセットしましょう。枕のように後頭部に当てて目線を左右に向けるだけでも肩や首周りにいい感じの刺激をもたらしてくれます。

Gruperのフォームローラー

ストレッチチューブ

バキバキの肩甲骨をほぐすストレッチチューブ

肩甲骨や体側をほぐすのに最適なセルフケアアイテム。

長時間座ったまま作業をしていると、背中が丸まってきます。肩こりだけでなく首の痛みを引き起こしたりするので休憩時間にチューブを引っ張って姿勢をリセットしましょう。肩甲骨周りが硬くなると首を支える神経が圧迫されて寝違えやすくなったりもします。朝起きてすぐ首周りがガチガチの人には特におすすめ。朝起きてすぐと夜寝る前にやっておくのもいいでしょう。

バキバキの肩甲骨をほぐすストレッチチューブ
タイガーバームの温感湿布

まとめ

ということで自宅で運動不足を解消するために持っておくと便利なアイテムを紹介しました。

どれを選ぶにしてもヨガマットは一枚持っておくことをおすすめします。

在宅ワークに関するおすすめ記事

NIKEのTシャツと短パン
リモート会議で使うMacBook
下半身強化のポーズ
火にかけたヤカン
ストレスを抱えない在宅ワークの様子
在宅ワークのデスク周りの物

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Yusuke Kitagawa
カンボジアの農村部に建設した小学校を遠くからサポートしながら、楽しいカンボジア生活を文章、動画、写真にして暮らしています。